求人を探しながらウォーターサーバーの水を飲む

将来は営業の職に付いたらいいと思うよという舅のアドバイスを聞いて、息子は営業マンになるべく就職活動に励んでいます。
私としては営業なんて大変な職業よりもデスクワークでスキルを磨いてほしいと思っているのですが、営業畑で定年まで頑張ってきた舅としては孫にあこがれてほしかったのでしょうね。
ウォーターサーバーを見かける度に水分補給をしているという話を聞いて、水筒を持っていったらどうかとアドバイスをしたのは姑。
水筒とは昭和の時代ではないのですから息子もちょっと驚いていました。
素直な子なので水筒よりウォーターサーバーの方がいいと言えなかったのか、次の日から姑がお茶を詰めたものを持ち歩いています。
少し重そうでかわいそうです。