できたニキビを無理やり潰したらだめ?

肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿がそこから出てきます。
さらに、潰すと芯がその中から出てきます。
これがニキビの原因となっているものですが、潰して芯を出してしまうことはあまりお勧めできることではありません。
無理矢理に潰すことになるのですから、より一層炎症が広がってしまいます。
ニキビ跡として残ることもありえますので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。
繰り返しニキビができてしまう場合は、ただスキンケア商品を使うのではなく、ニキビの本来の原因を排除する一番適した方法をしていかなければなりません。
ニキビが一向に治らないのは、体内のホルモンバランスが一定でなかったり、暴飲暴食、化粧品が肌荒れを起こしてしまっている等、様々なことが原因として挙げられます。
何がニキビの原因になっているのかを見極めて、根本的な治療を行っていきましょう。
ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを共有で使用したり、直接肌が接触してそのまま洗わないで放っておくと、他の人のニキビがうつることがあるので注意が必要です。
また、手で自分のニキビを触った後で、顔の他の部分を触ってしまうと、その場所にもニキビができることがあるでしょう。
ニキビが眉上の目立つところにひどく出た時に、人に会いたくなくなる程の状態だったので、先生に診てもらうことにしました。
先生から、塗り薬を出しますので、塗って経過を観察して下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。
ステロイド系の塗り薬の効果は抜群ですが、弱い薬ではないので、様子が良さそうでしたら塗る頻度を僅かにしないと駄目なそうです。
近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンの調節機能の乱れが考えられます。
ホルモンのバランスは、ストレス下に置かれると容易に乱れてしまうと耳にします。
また、中でも生理前は女性ホルモンが激しく乱れます。
生理直前にニキビを気にされる女性が多いのも実はこのホルモンバランスの乱れが引き金となっているのです。